利用上注意

ETC利用上の注意

 ETCを搭載すると、料金所でもスムーズに走行できるので、ブレーキも緩めにしかかけない車もありますよね。

 でも、前の車に何かトラブルがあり、バーが開かないということも考えられるので、車間距離は充分にとっておくように気をつけないといけませんね。

 それに、自分の車だって、開閉バーが開くのを確かめてから通過できるよう、ETCレーンでは停止できるくらいのスピードに減速しておくのが基本です。

 ETCの利用上注意って他にも色々ありますが、期限切れのクレジットカードを挿入している場合や、カードの挿入が不完全な場合もゲートは開かないので、そういうことも車に乗った時にちゃんと確かめるようにしましょう。

 またETCカードを車内に放置して盗難にあった・・というケースもあるので、駐車した時には必ずカードは抜きとるようにしないとね。

 便利さにはトラブルもつきものだし、できるだけそういうトラブルを未然に防ぐためにも、常に最低限の注意を怠らないこと、予想できるリスクは避けるよう留意することが大事でしょう。

 ETCって便利で環境にも優しいものだから利用価値が大きいけど、それが原因で事故が起こったり、トラブルが起きたりしたら、搭載した価値がないので、気をつけないとね。